IoT

【レビュー】Obnizという小型コンピューターはコンセプトが新しい!ハードウェアにWebインターフェースが付いた

Obnizを購入。小さな箱に入ったボード

Obnizの蓋を開けてみた

IoT 向けの小型のボードコンピュータがプログラミング教育を変えるか?というか内容で、記事の投稿をしました。

 

 

そんなボード型コンピュータの一つ、Obniz を買ってみました。

届いたモノをみた印象は、予想外の小ささです。小さいとは思っていましたが、こんなに小さな箱が届くとは思いませんでした。

Obnizは予想外の小型感
Obnizは予想外のスモールサイズ!

 

早速、チュートリアルまでの道のりを少し解説します。

Wi-Fiにつなぐ

なんだかんだ言っても、まずは家のWi-Fiにつながないことには始まりません。そういうボードなのです。

 

電源を入れると、ボード上の小さなディスプレイにWiFiルーターの候補が表示されます。

 

ボードの左上に搭載されたスイッチを巧みに操作して、メニューから選択、そしてWi-Fiのパスワードを入力します。

 

こんな小さいのに手で操作してパスワードを入力できるとはちょっとした感動なのです。

因みに、ObnizのWi-Fiは5GHz帯には対応していないようです。

我が家は、2.4GHzもあったので、つながりました。ただし、配置が悪く、私が作業している部屋は2.4GHzの状況がよくありません。

 

 

Obnizのサイトで表示される番号を入力

Wi-Fiにつながると、ディスプレイにはQRコードと、その横に、個体の識別番号のようなIDが表示されます。

Cloudの開発環境にこのIDを入力すると、Obniz本体とパソコン(orスマホ)のブラウザがつながってしまう手軽さ!

素晴らしいです。

Obnizのディスプレイに日本語を表示させてみた
Obnizのディスプレイに日本語を表示させてみた

 

早速LEDをつないでチカチカさせてみまたりしました。

そして、先程説明したように私の作業部屋のWi-Fiの環境が良くないので、チュートリアルプログラムのスイッチの挙動がおかしいのです。

これではて?と思いました。

そういえば、私が書いたこのJavaScriptは一体どうやって本体にロードするのだろう??と。

これ、そういう事だったのか!

これまでのこの手のボード型コンピュータ。Arduino、Raspberry piなど、ありますが、プログラミングしたロジックは、ボード本体で動作します。

しかし、このObnizというデバイスは、センサーや出力デバイス向けのインターフェイスしか用意していません。

プログラミングしたコードは、JavaScriptが動作するブラウザで実行されます。Pythonにしても、そうです。PythonのSDKが用意されていますが、PythonのコードがObniz本体で、実行される事はありません。

 

Obniz本体に用意されているのは、ハードウェア(IO ポート)に対するWebベースのインターフェイスなのです。

 

プログラムを書く側からすると、どこかのサーバー(Obniz)を呼び出して使っているイメージの方が良さそうです。

 

それを証拠に、私が、Obnizのチュートリアルを動かしていて、突然スイッチに反応しなくなります。あれ?と思ったら、Wi-Fiが調子が悪く、後からバラバラと遅れて動きます。

 

これはまさしく、ハードのイベントがブラウザのJavaScriptまで、ネット越しに遅れて届いた事に他なりません。

確かにドキュメントをチラッと見たところ、WebベースのAPIが用意されています。

 

 

そしてJavaScript や PythonのSDKはそれらをラップしているようなモノのようです。(推測)

ハードウェアがWebのインターフェイスを持つという事

私は以前は、このブログで、Hueというスマート電球を操作するプログラムの紹介をしました。

 

 

Hueはハードウェアの電球ですが、手元のJavaScriptやPythonなどのHTTPのリクエストが出せるプログラミング言語であれば、どんなプログラミング言語でも操作可能です。

ライトのオフ・オンや、色を変える、という処理が好きな言語でプログラミングできます。

それはなぜかと言うと、Hueという電球が一般的なHTTPのWebベースのAPIを持っているからです。

 

このObnizも、それに似ています。しかし、単に電球、というよりは、ハードウェアをもっと一般化したインターフェイスを提供するものと言えます。

 

見た目は、一見、これまでのボード型の小型のコンピュータを連想させます。そして、そういうボード形コンピュータはプログラミングしたらボードにプログラムをロードする必要があるのです。ロジックはそのボードで動かすのが当たり前なのです。

しかし、Obnizは違います。Obnizは純粋にハードウェアのインターフェイースです。ハードウェアをWebのインターフェイスを通して呼べるように一般化したものなのです。

これまでの小型コンピューターとは考え方がまるで違うのです。

コンセプトが新しいです。

 

でも、まだ、箱から開けたばかり。言い過ぎだったらスミマセン。

もう少し調べてみて、レポートしたいと思います。

 

あなたへのおすすめ


コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。