東京にも温泉が!深大寺温泉 湯守の里で首こり湯治。

自宅から20分で温泉

調布に、深大寺温泉という、本格的な温泉があります。温泉街ではなく、一軒ぽつりと住宅街の中の施設。湯守の里、という温泉です。以前は、深大寺温泉ゆかり、という名前でしたが、気がついたら名前、変わってました。
深大寺天然温泉「湯守の里」
私が住む、世田谷区最弱タウンの小田急線の喜多見からすると、調布はお隣の街。電車では出にくいのですが、車だと、この温泉まで20分位で行けてしまいます。
近所に野川という小さな川が流れているのですが、その川の両側は整備された遊歩道があります。徒歩や自転車なら、そちらが近道。この川沿いを上流に向かって進むと自転車でも30分位で着きます。歩いたこともありますが、一時間くらいでしょうか。

深大寺温泉のお風呂

温泉ですが、お湯は真っ黒。初めての時は、ぎょっとするほど真っ黒です。香りは温泉そのもの。
施設には、洗い場が6個か7個しかないので、混んでる時は順番待ちになることもあります。でも、お湯は、内風呂も結構な広さですし、広い露天風呂が充実。
露天風呂は、少しぬるめの静かな奥のエリアと、真ん中にはジャグジーの岩風呂があります。そして、岩風呂の一角に洞窟(!)があり、そこは電気風呂になっています。その他にも、小さなドーム状に囲われた香り風呂や、五右衛門風呂、水風呂など、こじんまりとした施設でありながら、本格的な温泉が楽しめる場所なのです。

肩こり首凝りを電気風呂で治療

さて、その深大寺温泉へ週末の朝、奥さまと二人で湯治に車で出掛けました。
私は左の首や、肩が一週間前くらいから痛く、そのせいか、左のまぶたが痙攣し始めてしまっていました。一方、奥さまも、前の日に庭仕事を頑張りすぎたようで腰が筋肉質とのこと。
そんなわけで温泉で凝りをほぐすのが目的で、温泉へ。
開店は10時。土曜日の朝10時前に着きましたが、開店前というのに施設の前には既に何人かのお客さんが開店を待っている状態。人気です。
dsc_0049
入場料はいくつかコースがあります。我々はカラスの行水で一時間のコース900円にしました。
少し慌ただしいですが、朝イチは空いているので1時間でも十分です。私は電気風呂で肩、首を中心に刺激します。電極?に近づくと、肩ががっくんがっくん動きますが、悪いところはスゴくいたいのです。15分くらいは電気風呂にいたでしょうか。それ以外の時間もほぼ露天風呂。
上がると、温泉って意外と疲れてぐったり。

他のコースと、支払いの仕組み

こちらの施設は、時間制限なしのフリーのコースだと、何十畳もある畳の無料休憩室があり、寝たり起きたり風呂に入ったり、一日中楽しめます。料金は1,100円です。貸しタオル+200円、室内着+200と、色々借りると高くなります。(全てこみこみの以前と料金体系変わった気がする)。シャンプーやボディソープも用意されてますので、手ぶらで来ても大丈夫。
また、深大寺名物?のお蕎麦を出す食堂も併設されています。お会計は、全部後払い。帰りにロッカーのキーを返却する際に支払います。お金を持ち歩かなくて良いので、安心して館内を利用できます。
私と奥さまは、一時間のコースだったので、今回は食事はしませんでしたが、時間があればゆっくり一日中湯治でもいい感じなのです。
カラスの行水で、まぶたの痙攣が治るかな?しばし様子見してみます。
深大寺温泉 湯守の里。よいお風呂なので、近くにお越しの際は是非どうぞ。午前中が比較的空いてると思います。

投稿を作成しました 134

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。