喜多見Autumn Festival 2018さんま祭りで「目黒のさんま」落語を聞く!

小田急線喜多見駅前のお祭り

小田急線の喜多見駅。一部では、世田谷最弱タウンと呼ばれています。2018年11月17日〜18日は、喜多見駅前で、Autumn Festival 2018が開催中。いつもように喜多見のTipness喜多見で朝からトレーニング。終わる時間がちょうど落語の時間だったので、ふらっと行ってみました。

喜多見商店街振興組合公式Webサイト

行ったのは土曜日のちょうどお昼どき。どーっと人が出ているかと思いましたが、それ程でもなかったです(残念)。駅前の大規模スーパーマーケットのサミット前に特設ステージが用意され、ステージ手前はベンチがとてもゆったりと空間を開けて配置。このゆったり具合、余裕さ。さすが喜多見。

出店でさんまを提供していて、それ以外にも、ワインとか、磯辺焼きとか、焼肉?などなどのお店が出ています。「さんま祭り」というだけあり、広場は秋刀魚を焼く匂いが漂っています。秋刀魚は整理券配って売っていました。200円だったかな。整理券という仕組みが面倒だったので並びませんでした。出店のお値段は全部200円均一なんでしょうか?200円と表示しているお店が多かったように思います。

「目黒のさんま」古典落語

立川談之助さんという落語家がいらして、一席設けていましたのでベンチにちょっと腰掛けみてみました。古典落語に「目黒のさんま」というお話があるそうです。その話を、喜多見にアレンジ?したものも。目黒でも駅前でさんま祭りをやるそうですが(知りませんでした)、実はその発祥は、この古典落語にあるんだとか。

でも、目黒駅は品川区なんだそうです。ちょっとした豆知識を得られたのは収穫?!

談之助さんは、笑点の席を取りたかったようですが、落語は。。まあ、雰囲気だけ楽しんだ感じ。。。

スポンサーはプレイスコート喜多見

スポンサーは、新築マンションのようでした。プレイスコート喜多見というマンション。このマンション2019年の1月竣工の新築マンションのようです。ステージにデカデカと広告が。ステージの広告もここまでやっちゃうと、なんのイベントなんだかわからなんくなりますね。

公式】プレイスコート喜多見|小田急線「喜多見」駅徒歩6分、全130邸|東急不動産×三菱地所レジデンス×小田急不動産新築マンション

どこなんだろう?と思ってサイトで調べたら、うちの近所。狛江の奥さんの実家とうちの間くらいの場所にあります。確かに工事やってました。徒歩6分とありますが、もう少しかかるんじゃないかな??

「プレイスコート喜多見」の宣伝用のテントも出していましたので、ご興味ある方は立ち寄ってみるとよさそうです。

明日(11月18日)は、千歳小学校の吹奏楽部と、喜多見駅そばの国本学園の吹奏楽部が演奏します。


投稿を作成しました 191

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。