自己紹介: 大学編

一人暮らし一年目

大学は東海大学の工学部でした。入学したのは1989年でした。
大学に入学して、一人暮らしを始めました。一人暮らしだと、何か、友達と遊び呆けて勉強も適当に、授業も出たり出なかったり、なんてことになりかねません。
私は、幸いにも選んだアパートが大学からえらい遠いところで、友達が入り浸ることもなく、また、自分自身勉強が好きなこともあり、かなり真面目にやってたと思います。1年目終わった時の成績は電子工学科で4番手だったと思います。え?みんな意外と勉強できないのね、と正直思いました。
 

軽音楽クラブ活動

 
私は、高校時代は、吹奏楽部でチューバを吹いていました。全国大会に出場したこともあります。
吹奏楽は、お堅い曲ばかりではなく、歌謡曲やポップスなどを演奏します。ドラムやエレキベース、エレキギターなどを入れることもあります。私は、チューバ吹きでしたが、そんな時はエレキギターに持ち替えてギターを演奏していました。エレキギターが好きで結構弾き込んでいたので、大学に入学してからは軽音楽系のクラブで、バンドを組もうと思いました。
クラブに入ったものの、意外とメンバーの自主性にお任せなんだなと思いました。吹奏楽だと、パートが決まっていて、クラブに入ってもそのパートの先輩が面倒見てくれたりして、結構新入生に手厚い感があります。しかし、軽音楽って所詮は数人のバンドメンバー。気の合うメンバーを見つける出会いの場がこの軽音部でした。しかし、これがなかなか難しい。軽音部といっても意外とカチッとしたジャンルではなくやりたい楽曲は皆それぞれ幅広いです。中々合わせられるものではないと感じました。
私は、ようやくメンバーを見つけてバンドを組んでみたものの、2,3回合わせたくらいであまり盛り上がらず、結局1年経たずにクラブを辞めました。俗に言う幽霊部員かな。
半年もすると、付属高校時代の吹奏楽の友達がオーケストラクラブに入っていることを知りました。軽音ではなく、結局クラシックというか、そっちの分野に流れることに。そしてその年の年末には、オーケストラのクラブでコントラバスを始めていました。
 

オーケストラの活動

エレキギターをやっていたとは言え、コントラバス、しかも弓で弦を震わせるという演奏は初めて。数か月は、延々とボーイングの練習をしていました。吹奏楽のチューバで兎に角、ロングトーンの練習が重要だったので、同じだなと思いました。ロングトーンの練習は、細く長く均一に音を出すための練習です。同じ音をボー、っとただただ吹くだけ。ボーイングの練習も同じ要領です。ずっと均一に音を出せるようになるのが重要。ギターをやっていたので、弦を押さえる左手は比較的お手の物でした。半年ほどして、次の定期演奏会の演奏曲、チャイコフスキーの交響曲5番を引きこなし、コントラバスのOBから驚かれていました。
そんな状態でしたので、コントラバスのOBに、他の大学のオーケストラや社会人のオーケストラのエキストラに誘われるようになっていきます。コントラバスって意外と演奏者が不足していました。どこのオーケストラもコントラバスの頭数を集めるのに苦労していました。
東海大学のオーケストラ・クラブは弱小で初心者ばっかりだったので大曲をやるのはとても苦労していました。それこそどの楽器にもいっぱいエキストラが入ってやっと演奏会が成り立つくらい。年に1度(だったと思います。2回だったかな?)の演奏会に向けて、同じ曲ばかり練習するものだから、できる曲は年に数曲。でも、私は、あちこちのオーケストラにエキストラで出ていたので、いろいろな曲を演奏する経験に恵まれました。
大学と大学院の6年間は、そんな感じで、コントラバス演奏家として活動して結構上手に弾けるようになりました。あるオーケストラでエキストラで行ったときなどは、個人練習している私を見て、音大生かと思いました、と声をかけてきた方もいるほど。
この活動のおかげで、会社に入って職場のオーケストラを作った際にも、首席奏者としてしばらく演奏させていただく機会を頂いたり、大学のオーケストラで知り合った後輩の今の奥様と結婚することになったりと、いろいろなきっかけを頂きました。

勉強の方は?

勉強の方ですが、1年生で学科で4番だったので、2年目からは試験勉強を強化しました。
試験期間中は、勉強のプランをしっかり立てて、部活の練習からカチっと頭を切り替える私を見て、よくそんなことができる、と感心する友人もおりました。
おかげさまで、学部時代は、2年目以降毎年首席で授業料免除の待遇を受けておりました。

投稿を作成しました 160

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。