下北沢駅の完成は次の花粉症の時期、と覚えましょう!!?

小田急線で喜多見から下北沢

小田急線の下北沢駅。この3月に複複線化によって、急行電車と各駅停車でホーム階が分かれました。
急行が、地下二階。各駅停車が地下一階。
小田急線の複々線化のタイミングで、小田急は大きなダイヤ改正を行いました。その結果、乗客が分散されたのか、かなり乗車率が改善。通勤時の混雑が緩和しています。また、朝の電車遅延も劇的に減りました。いいことずくめで素晴らしい。それだけでも、小田急線沿線に住む価値あります。
私は、小田急線の喜多見駅が最寄り駅なのです。喜多見は世田谷区最弱タウンなので、各駅停車しか停まりません。喜多見から下北沢までは、駅の数はそれほど多くありません。ですので、多少時間がかかりますが、私は通常各駅停車のみ利用して通勤しています。(関連記事: “世田谷最弱タウン”喜多見に18年住む
結果、下北沢駅には地下一階のホームに到着します。

小田急線から井の頭線への乗り換え

複々線化の影響か、下北沢駅の構内の工事はかなり長いこと続いています。
3月のダイヤ改正以前から、乗り換えの通路が、工事の為に頻繁に変更になります。その度に、軽く迷子になります。
そして、今朝もまた変更になってました。乗り換えの連絡通路。左側通行だったものが右側通行になったようです。エスカレーターの上り下りも逆転してのではないかな。逆方向に突っ込んでいく人を見かけました。
通路が変わって迷路に入り込んでも、何かこう、進化感、完成に近づいてる感、ポジティブなイメージです。
駅を常に使える状態に保ちつつ、少しづつ工事を進行させる。工事の方は調整大変でしょう。

工事いつ終わる??

毎週のようにと言うと言い過ぎですが、この連絡通路の度重なる変更はいつ終わるのでしょう?そして、下北沢駅が完成するのはいつなのでしょ?
不思議に思って調べました。
シモチカナビというサイトがありました。でも、全然情報ありません。その中でもいい情報が、こちらの完成予想図ビデオです。

 

でも、さすが小田急制作のビデオ。井の頭線の乗り換えの情報などが全くありません笑。もう少し仲良くやって欲しいものです。
さて、完成時期は、意外にも、もうすぐです。来年2019年の3月には完成予定なんだとか。
今、秋の花粉症の季節ですが、次の花粉症の季節には下北沢駅が完成です。そういうとすごくネガティブに聞こえまね。でも、ポジティブです。いや、本当です。今から完成が楽しみです!
 

投稿を作成しました 160

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。