MacBook Pro の購入で知った驚愕の事実。目標設定の大切さ。

 

こんにちは!

 

私の誕生日の次の日は娘の誕生日、でおなじみの、しずかなかずしです。

 

突然ですが、MacBook使ってますか?

 

私は、ソフト開発を生業としています。これまでWindowsやUbuntuなどのOSを使ってきたのですが、AppleのMacというマシンを日常的に使ったことがありません。Windowsのアプリケーション開発や、Linuxの組み込みソフトの開発などは行いましたが、MacOSに関する仕事は皆無。

いえ、これからもないかも知れません。

 

そうは言っても、昭和生まれの物欲世代。仕事で使う機会がないだろうからと言って、Macが気にならないはずがありません。むしろ、なぜに今までMacを所有したことがなかったのか、自分でも不思議なくらいです。

 

そこで、一年くらい前にMac購入を真剣に考えはじめたのでした。

 

ただし、自宅にはUbuntuパソコン、Windowsパソコンがあり、しかも、買った時に最高性能だった代物。数年経った今でも、自宅で使うには全く困らない十分すぎる2台です。加えて、単に物欲を満たすためにMacを買うほど、金銭的余裕もありません。

 

というわけで、目標を立てました。

 

前置きが長くなりましたが、本日はMacBook購入の目標設定のお話です。

 

 

欲しいのはMacBook Pro

私が購入を決めたMacは、2020年版13インチMacBook Proです。

 

このモデルは、それ以前のMacBook Proからキーボードが改善されて押しやすくなっていると評判です。私もお店で以前のMacBookを触ったことがありましたが、キーボードを押した感覚が何となく自分合いませんでした。それが改善されているのはいいタイミングです。

 

また、私は今のところ必要性を感じない、キーボードの上部に設置されているTouch Bar。以前のモデルは、ESCキーがTouch Barの左端に含まれていて物理的なキーではありませんでした。店頭で、使い憎そうだなーと感じていたポイントの一つでしたが、ここも2020年モデルでは物理キーになっています。

 

キーボードの使い勝手は改善しました。

 

では、性能はどうでしょう??

 

2020年版13インチMacBook Proはラインナップとして2種類のCPUが選択できます。

下位モデルは、1世代前のモデルや、MacBook Airに搭載されているものと同様の1.4GHzクアッドコア第8世代Intel Core i5 。一方、上位モデルは最新の2.0GHzクアッドコア第10世代Intel Core i5です。

2020年版の下位モデルは、CPUが前モデルと一緒とはいえ、熱設計が改善しているのか、ベンチマークテストの結果は、性能が上がっているようです(詳しくは他のネット上のレビュー記事に讓ります)。

 

しかし、ここは長く使うことも考えると、最新CPUでしょう。上位モデルしか選択肢はありません。今後ARMベースの「Apple Silicon」へアーキテクチャーが大きく変更されることも考慮に入れても最新Intelアーキテクチャーがベストに違いありません(関連記事: Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由)。

 

SSDのストレージ容量に関しては、昨今、何でもクラウドで済ませる、何でもクラウドにおいておく、というトレンドを考えると、それほ必要ありません。私の場合、特に、他にもパソコンを持ってるし、MacBook Pro購入の使いみちもそれほど明確ではないので、大きなストレージは不要。

 

ならば、選択肢として残るのは、これ。188,800円のMacBookに決まりです。

 

Macのモデルを比較 - これしかない!
Macのモデルを比較 – これしかない!(Apple社 Macのモデル比較サイトより転用)

 

Mac購入のための目標とは?

さて、この商品を買うために、ネットで稼いだお小遣いを使うことにしました。

お小遣いと言っても、そんなにいっぱいあるわけではないので、何ヶ月も溜め込む必要があります。

 

そこで、自分の誕生日にMacBookの購入を目標に掲げ、誕生日に合わせて月々のネットのお小遣い(要は、アフィリエイト)を溜め込むことにしたのでした。

 

ですが、ただ単に待っていたのではありません。

 

実は、うちの奥さまは自営業で、よく事業の目標を紙に書いて壁に貼っています。そして、その通りに事が運ぶのをよく目の当たりにしています。そんな奥さま、今回の私の目標も、

 

「紙に書いて壁に貼っといたら達成できるよ」

 

というのです。で、おもしろ半分にやってみました。

壁に貼ったMacBook購入の目標
壁に貼ったMacBook購入の目標

貼ったのは在宅仕事をするパソコンモニターのスグ横。顔を上げれてちょっと左を向くと目に入る位置です。

ちゃんと金額、188,800円に赤丸して誕生日にMacBookを買うことを目指したのです。

 

 

結果どうなったか?!

ちょくちょくネット銀行口座をアプリで確認し、お小遣いの増加を確認していました。そして、かなり誕生日に買える確度が上がってきたある日。金額としては本当に誕生日に買えそうなので、Appleのサイトを再確認しました。

 

そして気づきます。私の丸した金額。なんと、税抜き価格だったということに。

 

税別の金額だった...
税別の金額だった…

 

 

大きな買い物です。消費税も馬鹿にならない金額だと、今更気づくお馬鹿さん。税金含めると合計金額は207,680円。消費税だけで18,880円にもなります。

 

「あれ?これって、銀行口座の合計が壁にかかった目標金額になっても、買えないってこと?!?」

 

そして迎えた、誕生日、9月の末日。その合計は驚くべきものでした。なんと、194,109円。私の目標、達成です!

でも、私が欲しかったMacBook Proは買えない金額なのです!目標を間違えていたのです。

 

銀行口座の金額は目標達成!でも…
銀行口座の金額は目標達成!でも…

 

この事実を奥さまに伝えて戻ってきた言葉が重かった…

 

「税金入れた金額書いてたら絶対買えてたよ(笑)」

 

はじめは笑ってた私。

 

しかし、案外正しいかも知れない、と真剣に思い始めました。

なにしろ、本当に予定していた時にその通りの金額が入ってきたのです。目標を紙に書いて貼って置いた効果は現にあったのです。偶然でしょう、という方も多いかと思いますが、奥さんの行動を見ているとまんざら偶然でもない気がしてくるのです。

 

目標を具体的に紙に書いて、普段見えるところに貼る

書いたことは、現実になることに違いない。

 

今回の件で私は考えを少し変えました。

 

またすこし待てば、お小遣いが入ってきて欲しいMacBook Proは購入可能です。

しかし、色々考えると、もしかするとここでMacBook Proを買えなかったのは、実は自分にとってなにか深い意味があるのではなかろうかと。

 

そう考えて、MacBook Proの購入を止めることにしました。

 

MacBook Proが買えなくて残ったこのお金。次の目標のために使うべきだと。

MacBook Proは目標の達成に必要になったときに買えばいいのです。

 

そいういう風に考えることにしました。

 

created by Rinker
¥1,430 (2020/10/28 10:36:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
PHP研究所
¥792 (2020/10/28 10:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

あなたへのおすすめ

仕事では、メーカーで20年以上のソフトウエア開発。 古くはWindows向けのアプリケーション開発、組み込み機器のソフト開発、などを経て、近年は大規模ソフトのプロジェクト・リーディングを行う。 根っからのプログラミング好きで、週末は、JavascriptやPythonでWeb開発。興味の幅が広く、以前は、仕事の傍らオンラインでBond大学のMBAを取得。 ブログに書くのは、料理、スポーツ、テクノロジー、建築、不動産、音楽、など色々なジャンルの雑記。
投稿を作成しました 354

コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。