ドラマ「孤独のグルメ」の正しい楽しみ方。どこがおもしろいの?にお答えします!

 

こんにちは!

 

月々の定期的な支払いに敏感な一級建築士の奥さまにAmazon プライム会員を取り上げられて、しぶしぶ奥さまのアカウントを使っていたら、便利なププロフィール切替え機能が搭載されて助かっている、しずかなかずしです。

 

Amazon プライム・ビデオで巣ごもり生活してますか?

 

最近の私のお気に入り動画は、今更ながら「孤独のグルメ」。

今日は、今更だけど巷でちょっと話題の「孤独のグルメ」の魅力をお届けします。

 

 

「孤独のグルメ」とは?

私がここで取り上げるのは、久住昌之原作の漫画「孤独のグルメ」から発したテレビドラマの「孤独のグルメ」です。松重豊演じる井之頭五郎が、実際にある美味しい料理を出すお店で、一人で黙々と美味しそうに飯を食うというドラマ仕立ての番組です。

2019年のSeason 8まで続いていて、Season 1放送は2012年だそうで、なんと8年も続いています。私が見始めたのはつい最近のこと。Amazonプライム・ビデオなどでよく見かけるので、試しに見てみたのがきっかけでしたが、正直はじめは露出度の割に何が面白いんだろう?と思っていました。

しかし、「孤独のグルメ」は観れば観るほど面白さにハマる系です。

ちょうど、一杯目は癖がありすぎて引いてしまうのに、二杯目、三杯目と呑み進むと止まらなくなる山廃仕込みの旨い日本酒のようです。

 

構成は、毎回およそ3部に分かれていて、

 

  1. 主人公の井之頭五郎が各地に出かけて仕事をするパート
  2. 仕事を終えた五郎が行く先々で食べ物屋を探して一人で食事をするパート
  3. 原作者久住昌之が実際のお店を訪れて呑んだくれるパート

のようになっています。「水戸黄門」や「遠山の金さん」並の定型フォーマットと言ってしまっていいでしょう。

 

井之頭五郎の人物設定としては、

  • 食べ物屋で一人飯が好き
  • 気がつくと、いつも腹が減ってる
  • 一人なのにめちゃくちゃ量を食べる
  • 全く酒が呑めない
  • 美味しいものにお金を惜しまない
  • めちゃくちゃ背が高い

最後の「背が高い」のは、人物設定ではないけど…

 

しかし、このテレビドラマ。主演の松重豊が最近こんな発言をしたということで話題になっておりました。

どこがおもしろいのかなあ

 

 

えええ〜??!

この方、何をおっしゃっているのでしょう?

こんなに面白いのに…

 

 

 

正しい楽しみ方

というわけで、正しい楽しみ方を説明していきます。

 

ドラマパートは飛ばす

私は、テレビドラマはあまり観ない方です。ほぼ観ません。従って、「孤独のグルメ」は上述の3パートありますが、私は一番最初のドラマパートは観ません。大体、飛ばします。

そして、食事が始まる少し手前。

 

五郎が「それにしても、はらへった…」とつぶやき、

「ぴ、ぽ、ぱ」とアップの五郎から最大に引いたアングルまで非連続に映し出し、

「店探そう」と一言いってから、飲食店を探し始めるあたりから観ましょう

 

これで十分です。

いや、これが正しいたのしみ方だと思います。

 

 

ふらっとQusumiはちゃんと観る

一方、3パート構成の最後の部分「ふらっとQusumi」はちゃんと観ます。

このパートは、ドラマで使われた実際のお店に、原作者久住昌之が訪れる、というパートです。ドラマと言うよりは、グルメ情報番組的な扱いのパートです。

 

ドラマ「孤独のグルメ」は、実在する飲食店が五郎の舞台。ただし、回によって、さまざまな役者さんが店員に扮したり、店内のお客さんになったりと、ドラマ仕立てになっているのです。

 

その実在の飲食店に久住昌之がふらっと訪ねます。そして、なんだかんだ言って、昼間から呑み始めます。呑みながら、その店のおすすめなどを注文し、とてもうまそうに一杯やるという訳です。

ドラマ本編には実際にお店の方が登場することもあり、ふらっとQusumiをみると、「あー、この人本当にお店の人だったんだー」なんて発見があったりするのが、また面白いのです。

 

created by Rinker
¥679 (2020/10/28 13:24:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

五郎のリアリティを感じる

言わずもがな、3パートの真ん中、松重豊が演じる五郎が一人でご飯を食べるパートが一番の見どころなのです。

とてもうまそうです。

 

しかし、ここで単にうまそうに食う五郎をよだれを垂らしてみていてはいけません

 

松重豊の一挙手一投足を注意深くみてみましょう。

驚くのは、ちょっとした不手際がちゃんと残されているところです。

 

例えば、醤油を取ろうとしてちょっと手が滑った、とか、口に入れたけどちょっと食べ物が口からたれちゃった、みたいなのです。

 

こういうの撮り直しせずに、完成させているのか?

いや、実は、これも演技としてやっているのか?

などなど、気になって仕方がないのです。

 

ただ、「飯を食う」シーンを流し続けるがために、視聴者にそういう余計な注意を向けさせる。そういうところが制作のうまいところと言えるでしょう。

 

 

音楽を聴く

五郎が食べている時に裏で流れるBGM。これがまた、このドラマの雰囲気を独特のものにしています。

ノリのいいブラス中心の曲から、リコーダー一本の渋いナンバー。ごちそうさま直前、残りご飯を一気にかき込む場面では格闘系のエレキギターが唸る。

 

そして、食事が終わって店を後にする井之頭五郎。その背景では、女性コーラスで、

「ごろー、ごろー、い、の、がしっら、ふー」

という、後味のよい音楽が流れて終わるという。。。

 

なんとも不思議な雰囲気ではありませんか。

 

その場その場の五郎の行動に合せてベストマッチなBGMもこのドラマの魅力の1つ

さながら、戦隊モノで戦闘の情勢に合せたBGMが流れることで気分を盛り上げてくれる感じです。

 

驚いたことに、というか最もなことでもありますが、サウンドトラックの販売までされております。

「孤独のグルメ」ファンなら購入の価値アリです↓

created by Rinker
¥2,273 (2020/10/28 13:15:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

周りを見渡す

お店にいるエキストラの動きも見どころです。

 

ちょくちょく、お客さんの会話がフォーカスされることがあるのですが、それ以外は、彼らの音声はありません。飲み屋さんの回などでは、他のお客さんが大声で議論している感が出ているのにかかわらず、彼らの声は全く聞こえない。ただただ、一人で飯を食う五郎の「独り言」とBGMだけが続くのです。

 

飲み屋で大声で会話している感を出しつつ、口パク?

エキストラさんも大変だなー、と店内の様子が気になって仕方がなくなる

 

これもまた一興です。

 

 

以上、ファンはこんなところを観ています。

 

孤独のグルメをFire tv stick 4Kで観る

テレビ放送が終わった「孤独のグルメ」を観る方法はいくつかあるようです。その中で、私のおすすめはAmazonプライム・ビデオ

Amazonのお買い物で、配達指定や手数料無料などの特典が受けられる便利なプライム会員ですが、会員になると見放題ネット動画のプライム・ビデオが利用できるのをご存じない方もいるようです。

 

プライム・ビデオはレンタルビデオもあるのですが、なんと「孤独のグルメ」は見放題のコンテンツの一部なのです。プライム会員なら「孤独のグルメ」が見放題。観ない手はないでしょう

 

プライム・ビデオ:「孤独のグルメ」プライム会員特典
プライム・ビデオ:「孤独のグルメ」プライム会員特典

 

そして、ネット動画だからといって、スマホやパソコンの小さな画面で観る必要はありません。このブログ「しずかなかずし」の読者であれば、Fire tv stick 4Kで大画面のテレビで手軽にAmazon プライム・ビデオやYouTubeが楽しめることはもうご存知でしょう。

 

つい最近(2020年10月現在)、新しいFire tv stickが登場しました。 4K映像が不要ならば、最新版がお安いです。旧版のFire tv stickはAlexa音声認識に対応していませんでした。音声検索をするには、4K版のFire tv stickしかなかったですが6,980円でした。

最新版は、4Kではありませんが、音声検索にも対応。4,980円と4K版より安いのに、性能が向上して使いやすくなっています。

 

4K高精細に対応した Fire tv stick 4Kに関する記事はこちらもあわせてご覧ください

 

便利なプロファイル切り替え機能

さて、家族の中で孤独のグルメの虜になっているのは、私だけ。

 

プライム・ビデオのサービスを利用している時に、韓流やら、日本の恋愛ドラマなど、私が普段見ないようなコンテンツをおすすめされるのは、同じアカウントを家族で共有しているため。せっかく私が孤独のグルメを”孤独に”楽しもうとリモコンを手にとっても、大量にならんだ私が見ないコンテンツの一覧から、ひときわ渋い顔の松重豊を探すのが一苦労。

 

そんな時に便利なのがAmazon プライム・ビデオに最近搭載された、「プロフィール切り替え機能」です。

Amazonプライム・ビデオのアプリを起動すると、最初に切り替え画面が表示されます。

私のプロフィール「ぱぱ」を作っておいて、私が観る時はいつも「ぱぱ」を選んでおくと、松重豊がいつも「次に観る」に登場。観たいときにすぐに「孤独のグルメ」を観られる、という訳です。

 

Amazon プライム Videoのプロファイル切り替え
Amazon プライム・ビデオのプロファイル切り替え

 

家族から孤独のグルメの「なにが面白いの?」と嫌煙された時は、是非便利なプロフィール切り替えで「孤独」を満喫してみて下さい。

 

ではでは。

created by Rinker
Amazon
¥6,980 (2020/10/28 13:15:10時点 Amazon調べ-詳細)
あなたへのおすすめ

仕事では、メーカーで20年以上のソフトウエア開発。 古くはWindows向けのアプリケーション開発、組み込み機器のソフト開発、などを経て、近年は大規模ソフトのプロジェクト・リーディングを行う。 根っからのプログラミング好きで、週末は、JavascriptやPythonでWeb開発。興味の幅が広く、以前は、仕事の傍らオンラインでBond大学のMBAを取得。 ブログに書くのは、料理、スポーツ、テクノロジー、建築、不動産、音楽、など色々なジャンルの雑記。
投稿を作成しました 354

コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。