行正り香さんのレシピより「いわしのピリ辛オーブン焼き」

ピリ抜きでもおいしい

行正さんの本が好きなので、よく見て作りますが、昨夜のメニューの一つ。レシピはイワシ。でも、使ったのは、鯵です。
「ピリ辛」レシピですが、辛いのは子供があまり得意ではないので、ピリ抜きで作りました。

作り方のポイント

パン粉はミキサーでパンを砕いて作りました。
パセリが庭にあると思ったらなかったので、庭に生えてた、葉セロリと、バジルを細かく刻んで、パン粉に混ぜます。
耐熱皿に鯵を並べて上から塩をしますが、この塩加減が結構微妙。かけすぎるとしょっぱいし、薄いとなんだか残念な味になります。指で摘まんで、パパっと振りかけてちょっと全体になじませたときに、きれーにまんべんなくなじんだ感が出てればOK。
先ほどのパン粉をどさっとかけて、オリーブオイルとわーっとかけてます。
オイルは、パン粉の量に依りますが、結構多めにしてオーブンの中で油でパン粉が「揚がる」感じがおいしいかなーと思います。うちはいつもパン粉が自家製。結構、どっさりかけて衣もおいしく楽しむ感じです。
オーブンに入れれば、あとは待つだけ。

あなたへのおすすめ

仕事では、メーカーで20年以上のソフトウエア開発。 古くはWindows向けのアプリケーション開発、組み込み機器のソフト開発、などを経て、近年は大規模ソフトのプロジェクト・リーディングを行う。 根っからのプログラミング好きで、週末は、JavascriptやPythonでWeb開発。興味の幅が広く、以前は、仕事の傍らオンラインでBond大学のMBAを取得。 ブログに書くのは、料理、スポーツ、テクノロジー、建築、不動産、音楽、など色々なジャンルの雑記。
投稿を作成しました 350

コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。