噂の電気風呂ってどんなもの?深大寺温泉湯守の里で電気風呂を楽しもう!

電気風呂を楽しもう!

 

こんにちは!しずかなかずしです。

 

温泉やスーパー銭湯などにある電気風呂って利用しますか?

 

私は肩こり腰痛がひどい時に、深大寺天然温泉「湯守の里」という温泉に出かけます。深大寺温泉の露天風呂にある「電気風呂」がなかなかいいのです。

 

電気風呂ってなに?

電気風呂とは、お風呂の一角に電極を通して、電極から低周波の電流を流すことで、入浴している人をビリビリさせるお風呂です。

ビリビリがどんなものか怖くて、あるのは知っているけど使わない、という方もいいのではないでしょうか?

 

でも、このビリビリ、どこかで体験したことがある感覚かも知れませんよ!

 

そうです。「低周波治療器」という肩こりに使う治療器具。家庭用のものも売られていますね。どこかで試したことはありませんか?

 

人間は筋肉や神経に低周波の電流を流すと、ピクピクと神経が痙攣するように出来ているようです。それを利用して、特定部分の筋肉を強制的に動かしてコリをほぐそう、という機械です。あれがお風呂のお湯になったと言うとわかりやすいです。

 

と言っても、全身が動いちゃうのかと言うとそんなことはありません。お湯に電極を入れているのですが、その近くに近づけば近づくほど強くなりますが、電極からちょっとでも遠くにいるとジリジリすこし感じるくらい。ですので、治したい部分をちょっとずつちょっとずつ電極に近づけていけば、その必要な部分だけコリをほぐすのに利用できます。

 

家庭用の低周波治療器はAmazonなどネットショッピングでも購入できますので、まずはこちらを試してみても良いかも知れません。

 

電気風呂の効能

低周波治療器と同じなので、効能もその機器を使ったときと同じような感じ。

 

具体的には、強制的に筋肉を動かすことで、コリの緩和、マッサージ効果などが期待できます。痛みがある場合もその部分を強制的に動かし血行を促進することで、痛みを緩和する効果も期待できます。

 

低周波治療器の場合は、電極のある場所がピンポイントで強制可動しますが、電気風呂の場合は、周辺の筋肉もいっぺんに動く感じ。しかも、温泉などで利用すると、温泉自体の効能もありますので、ダブルで血行がよくなり、日々の疲れをあっという間に取ってくれるのです。

 

 

ちなみに、低周波治療器と同じように筋肉を動かす電気機器があります。例えば、シックスパッドという筋肉増強のための機器はCMなどでも有名です。

でも、電気風呂では筋肉増強の効果は無いのではないかと思います。(そもそも、シックスパッドも筋肉増強の効果があるのか謎ですが)

 

 

深大寺天然温泉「湯守の里」

そんな電気風呂ですが、私の場合は自宅のある世田谷区喜多見から車で20分ほどの日帰り温泉で利用します。

東京都調布市にある、深大寺天然温泉「湯守の里」という温泉です。

 

こちらの温泉は、露天風呂が充実しています。その露天風呂の一角に洞窟のような怪しい穴が。。。入り口には「電気風呂」と記載があり、洞窟全体が電気風呂のエリアになっているのです(男子の場合)。電極は4箇所に設置されていますが、小さな洞窟なので大人が2名同時に使うのがやっと。

 

ただし、前述のように、電気風呂は恐る恐るで近寄らないお客さんが多いのも事実。しかも、深大寺温泉の電気風呂はちょっと入りにくい雰囲気の「洞窟」形状。常連の私が利用していても、「どうですか?」と質問を受けたりします。

 

私はここで肩こり・腰痛などをちょくちょく治療しております。おすすめです。

深大寺温泉についていは、以前にもこちらのブログ、しずかなかずしでご紹介しておりますので、こちらも是非ご覧ください。

 

まとめ

ちょっとおっかなびっくりな、「電気風呂」。温泉施設などに設置されているのは見たことがあるけど、怖くて使ったことない。そんな方も多いのでは?

 

肩こりの治療などに使う、低周波治療器を想像してみましょう

 

あれをお風呂で体感できると考えれば、あまり怖くもないのではないでしょうか?

 

つぎにどこかで見かけた場合は、是非利用してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

あなたへのおすすめ

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。