祖師ヶ谷大蔵美容室ノーブルの談笑は好みの日本酒。行きつけの店が新しくなって髪型も進化した!

こんにちは!

 

朝のおでかけの準備の時間に占める、ヘアセットの割合が増してきて「そこまでやるのか?」と、今さら自問自答を始めた、しずかなかずしです。

 

みなさんは美容室で髪を切ってもらう時、スタイリストとどんな話をしますか??

意外とねたに困ったりしますよね?

 

本日は、美容室のスタイリストとの会話で、得たおすすめの日本酒のネタです。

祖師ヶ谷大蔵の行きつけの美容室

私は、小田急線の喜多見に18年以上住んでいます。行きつけの美容室は、隣の成城学園前のその隣、祖師ヶ谷大蔵駅にあるNoble(ノーブル)という、最近できたお店。

 

 

以前の行きつけ美容室は、祖師ヶ谷大蔵にあるリアンジェ。このブログでも何度か登場したところです。

この美容室でいつもお願いしていたスタイリストが転籍(?)し、そのタイミングで私も行きつけを変更。つまり、新しいお店で、いつものスタイリストにカットしてもらっている、という訳です。だいたい月に一度通っていて、カットの後に次回の予約をして帰ります。

 

スタイリストとの会話の話題は?

そんな訳で、今お願いしているスタイリストは、付き合いが長いのです。

ああでもないこうでもないと色んな髪型を試しては変えて、試しては戻して、を繰り返しています。

 

スタイリストとの会話は、趣味の話など。私の趣味は色々ありますが、最近は、店が新しくなったこともあり、集客の為のSNSとかブログの話をすることが多いかな。

 

 

好みの日本酒銘柄で盛り上がる

今月のカットでは、先日あった、町田と田町を間違えた事件が話題に登ります。詳しくは下の記事をご覧ください。

 

 

京都から来た飲み友達が、町田と田町を間違えて、結果として川崎の旨い日本酒を呑ませる店にたどり着いた話です。

山廃仕込みの一升瓶を並べ利き酒した結果、「どうも自分は、山廃仕込みの酒が好みなのでは?!」と気づき始めたのでした。

 

この話から始まり、日本酒ネタで会話が弾みます。

 

なんでも、スタイリストもお気に入りの日本酒があるのだとか
彼女はそれほど凝った日本酒党でもないようですが、そのお気に入り目当てに下北の蕎麦屋に通っているとのこと。「はんさむ」という下北沢の蕎麦屋で呑めるとき聞き、にわか日本酒マニアの私はとても気になってしまいました。

 

そのお気に入りのお酒は、長野のお酒「鼎(かなえ)」

ネットで調べると、このラベル、見覚えがある気がします。それだけ強力な印象のラベル。すばらしいです。
でも、どこかで呑んだことあったかな??思い出せません。

 

 

そして、気になるお味は??

 

ネットでは、甘辛とか、フルーティと言っている人が多いですね。

面白そう。呑んでみたいです。

 

 

 

髪型完成!

そんな感じでカットが進んだ結果は、

  • 横はがっつり刈り上げツーブロック
  • トップと前髪は長め
  • 仕上げは前髪含めて後ろに流す

昭和感漂う、レトロ?な雰囲気になりましたー!

昭和的 ツーブロック 令和風!(しずかなかずし)
昭和的 ツーブロック 令和風!

 

あなたへのおすすめ

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。