書斎のSwitchBot温度計のデータを使った表現。これはもはや芸術だ!

2021年9月23日

以下の画像は一見、カメラで撮った画像のように見えます。もちろん、背景は写真です。しかし、表示している温度と湿度は、ちょっと違います。著者の書斎にあるSwitchBot湿温度計のデータをSwitchBotのWeb APIで取得して合成しています。

つまり、この写真。東京都世田谷区の自宅の部屋のリアルタイムの温度・湿度を表示しています。

嘘だと思ったら、明日また見に来て下さい。表示が変わっていることでしょう。

どんな仕組みでデータを取っているかって?

それはこちら↓の記事をご覧ください!

表示はSVG(Scalable Vector Graphics)でやっています。こちら↓の記事もご覧ください!