昔のオーディオ機器CyrusをBluetooth無線対応にする

Cyrus MissionをBluetooth対応にする

うちのオーディオシステム、古いです

Cyrus というメーカーのアンプmissionと言うらしい。こちらの商品、実はオーディオマニアの義理の父から、結婚当時の19年位前に頂いたもの。今、ネットで調べても6万円位する代物のようです。
そんなわけで、嫁さんがiPhone Xに入ってる音楽を鳴らしたい、と言っても繋がりません。そもそも、こんな骨董品でiPhoneの音を鳴らそうとする奥様も奥様ですが、そこは一応ちゃんと理由があります。
子供がバイオリンを弾くのに、オーケストラの音源に合わせて練習させたい。その為には、そこそこの大音量でオーケストラの演奏を再生しないといけない。そこで、こちらの骨董品、Cyrus missionに繋がった、高さ1mはあろうかという大きなステレオスピーカーで音を出す必要がある、という訳です。

骨董品を最新のBluetooth対応スピーカーにするLBT-AVWAR700

そこで、登場したのは、今日のメインテーマである、エレコム LBT-AVWAR700、Bluetoothのレシーバです。
どういう事かと言いますと、iPhoneのBluetoothの宛先をこのエレコムのこの小さなボックスにします。こいつをアナログのケーブルでCyrus missionに繋ぎます。これだけで、アナログ端子のないiPhone xの音を鳴らせるようになってしまいます。
これは便利!
dsc_0025
dsc_0027

iPhoneとの接続方法

LBT-AVWAR700はスイッチも何もありません。電源スイッチすらありません。電源につなぐと、電源オンです。画期的です。
でも、iPhoneとペアリングしないといけないのですが、どうするのでしょ?
答えは、iPhoneを最初にペアリングモードにして、LBT-AVWAR700を電源につなぐ、です。画期的。LBT-AVWAR700は電源に繋いだ最初の数十秒がペアリングモードのようです。
サイトに詳しい説明がありました。
これで、骨董品のCyrus missionに最新のiPhone x 経由でyoutubeでもなんでも流せるようになりました。

いまいちなポイント

そもそも私がLBT-AVWAR700を購入したのはパソコンの音をCyrusから鳴らすためでした。それも、4,5年位前に購入しました。この、技術進歩の早い世の中で、4,5年前に買った、このエレコムLBT-AVWAR700が未だにAmazonで買えるとは驚きです。
それはともかく、Bluetoothオーディオに対応したものは家の中にを見渡すとそこらじゅうにある世の中です。切り替えたい訳です。ところが、オーディオ機器の切り替えがうまくいかないです。一端何かに繋がると、他の再生機器から接続を試みても失敗します。
別なものをつなぐ場合は、それまでつながっていたBluetooth機器の電源を切るか、Bluetoothをオフにするしかないみたいです。ほんと?
このLBT-AVWAR700はNFC対応で、切り替わるらしいです。が、相手はデスクトップパソコンだったりします。どうやってタッチしろと??笑


エレコム Bluetooth ブルートゥース オーディオレシーバー 音楽 動画対応 ステレオミニ 光デジタル接続 NFC iPhone android対応 AAC/aptX対応 1年間保証 LBT-AVWAR700
 

投稿を作成しました 158

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。