Navin'You developers summit終了

Navin' You 歴代バージョンカタログ

Navin’Youとは?

その昔、まだ、Google mapやスマートフォンもない頃に開発された、Windows95向けナビソフトです。
PCMCIAや、USBのGPSアンテナをパソコンに刺してアプリを使うとカーナビとして使えます。当時は、Windowsのノートパソコンを持っていれば、このNavin’You(ソフトとGPSアンテナセット)を5万円位で購入すると、ナビにナビになると、好評をはくした商品です。

初代バージョン開発者の集い

そんなソフトの初期バージョンを作った仲間で集まりました。きっかけは、メンバーの一人が定年退職、さらに一人が都合により会社を退社。そんな状況でこんな機会もなかろうかと、還暦のお祝いも兼ねて大集合しました。
場所は、一級建築士の奥様が建てた世田谷区喜多見の私の自宅。このメンバーが一堂に会するのは、20年ぶりくらいでしょうか。一人は名古屋からこのためだけに参加。もちろん現在は全員ばらばらにそれぞれの仕事をしている人たちです。でも、全く違和感なく、まるで今でも同じようにNavin’ Youを開発しているかのような自然な会です。
 

何もかもが初めての初期バージョン開発の想い出

当時、version1.0を出すときは何もかもが初めて。私も、入社して初めての商品化プロジェクトでした。各自がそれぞれ担当モジュールを持っていて、それでいてある意味それぞれに自律的に設計・開発・評価を行う。アイディアを作ってみては試し、作っては試し、今でいうとアジャイル的な開発だったのかもしれませんが、それでもちゃんと最終仕様をまとめ上げる責任のある人もいて最後は、マニュアルやプロモーションの資料まで含めて一体化した完成形にする作業。すべてがチームの中で決定されチームが責任をもって最後までやりきる。
それ以来20年も同じ会社で仕事していますが、こんな開発チームは本当にあの時以来体験したことがありません。自分の成長するし、チームも成長する、商品もどんどん良くなる。そんなすごいチームでした。
次にこのメンバーが集まれるのは、いつなんだろう。冗談交じりに誰かが亡くなったとき、と言って笑っていましたが、その前に一度また企画したいと思っています。

懐かしの開発拠点へドライブも

名古屋からのメンバーは、ホンダのS660で登場。うちに一泊してもらったのですが、天気もよく、折角なのでオープンカーでドライブへと誘って、いざ、湘南へ。
 
dsc_0011
 
湘南と言えば、初期バージョンの開発拠点のオフィスがある地域。ちょっとオフィスの前がどうなっているのかクルマで通りかかり、さらに回想が深まりました。
そのまま海岸線を走り、小田原へ。私は、ロマンスカーで小田原から帰り、彼はそのまま東名、そして名古屋へ。
dsc_0024
また、それぞれの生活が始まります。
 
 
 
 

投稿を作成しました 160

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。