【男のレシピ】 レバーの臭みを牛乳で簡単に無くす。白菜入りレバニラは、レバーが苦手な奥さまにも好評だった。

白菜入りレバニラ。牛乳で鶏レバーの臭みをとります

鶏のレバーを食べよう

レバーは、栄養があるのに苦手な方が多いです。

その理由は、独特の匂いと食感でしょうか。なんとも血なまぐさいところ。また、調理の仕方によっては、パサパサになってりして食べにくかったり。

料理する側も手間をかけないと、なかなか食べやすくならないものです。

私はレバーは好きでよく食べます。ただし、鶏肉のみ。私は牛、豚、羊等の四足は食べない、ちょっとしたベジタリアンなのです。

関連記事: 自己紹介: ベジタリアン編

一方、うちの奥さまは、レバーは苦手な方。でも、身体の事を考えて、食べるようにしています。よって、週末料理人としては、美味しく食べやすくする必要があります。

レバニラなんだけどモヤシ無しで白菜入り

さて、本日のレシピですが、レバニラをしょうとニラを買いました。でも、うっかりモヤシを買い忘れました。残念です。そんな訳で、少し変更。冷蔵庫にあった白菜を入れる事にしました。

題して、「白菜入りレバニラ」。

そのままの名前です。

モヤシは無くてもレバニラの名前って、レバーとニラしか含まれないのですね。モヤシ無くてもレバニラと呼べますね。良かったてます。

レバーはスーパーの小さなものを一バック(120gくらいかな?)を使う場合の量です。

レバーの下ごしらえ

レバーの血なまぐさい感じを取るためには、ポイントが3つ。

  • 血をよく洗う
  • 牛乳に浸ける
  • 下味をしっかり付ける

一つづつ解説します。

血をよく洗う

レバーを食べやすい大きさにきります。その時、切り口に黒っぽい値の固まりが出て来ることがあります。

これは、血なまぐさい味になる原因。こいつを水でキレイに流して取ってしまいます。これで血なまぐささの原因のひとつを解消できます。

牛乳に浸ける

血の固まりを洗って流したら、今度はボールにレバーを入れて、牛乳に漬け込みます。牛乳にレバーを浸けると、白い牛乳がピンク色になります。これが血が洗い落とされている状態です。

五分位はおいておきます。

これがちなまぐささの対策の2つ目です。

 

下味をしっかり付ける

牛乳をよく切り、以下の調味料で下味を付けます。

  • 醤油:大さじ3
  • 紹興酒(日本酒でも可):大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • オイスターソース:大さじ2

よく混ぜて、15分以上おいておきます。1時間位放置した方がより味がしみていいかと思います。

レバーを焼く

最終的には野菜と合わせる訳ですが、まずは、レバーだけ焼いて、お皿にあげておく戦略です。

まず、漬け込んだレバーは、つけダレから上げて、片栗粉をまぶします。

フライパンに多めの油を引き、焼いていきます。レバーは結構はねる、いや、爆発するのでこ注意をお願いします。中火位で焼く感じ。爆発が怖い場合は蓋をしちゃいます。

ひっくり返しながら、五分位焼くでしょうか。こんがり焼けて両面に焼き色が着いたらお皿に上げておきます。

ここまで出来たら、これだけ食べてもかなり美味しいです。

奥さまは、ここでつまみ食いして、美味しく頂いてました。

合わせ調味料を準備

野菜を焼く前に、合わせ調味料を用意しましょう。

以下をボールに配合。

  • 醤油:大さじ3
  • 紹興酒:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • オイスターソース:大さじ2

よく混ぜ合わせておきます。

野菜をカット

投入する野菜をカットします。

白菜や、ニラを食べやすい大きさにカットしておきます。

にらは一束。白菜は大きいものの1/8位が適量。

ニンニク、生姜をみじん切りにしておきます。

仕上げ。野菜を焼いてレバーと合わせる

いよいよ仕上げます。

フライパンに油を大さじ3位ひきます。

まずは、弱火にしておきます。なぜなら、ニンニク、生姜、豆板醤少々を弱火で炒めて、それだけで美味しい香りを引き立たせるためです。

弱火でじっくり炒めたら、火を強くしてカットした白菜、ニラを投入。お塩を一つまみ加えておきます。

そして、手早く炒めます。

火が通ったところでレバーを投入。混ぜ合わせます。

混ざったら即座に会わせ調味料を回しいれ、調味料が沸騰した位のところで完全です。

食べる

レバーの苦手な奥さまも、

美味しいー!

とのこと。

あなたへのおすすめ


コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。