[対処法] Ubuntu 18.04.1へのアップグレードでプリンターが動かない

アップグレードでプリンターが使えなくなった

自宅のパソコンをUbuntu 16.04から、アップグレードインストールで、Ubuntu 18.04.1へアップグレードするとブラザーのインクジェット複合機(MFC-J6770CDW)のネットワークプリンターが使えなくなりました。
ubuntu 16.04 LTSから18.04 LTSへアップグレードしたらプリンターが使えない
半分諦めていましたが、解決したのでここに記載します。

原因は”ghostscript”のエラー

ブラザーのカスタマーサポートとメールにて何度かやり取りさせていただきました。その結果、サポートからは、以下のような回答が。

お問い合わせの件、弊社において、「Ubuntu16.04」から「Ubuntu18.04.1」へのアップグレードインストールを試してみましたところ、お客様のご申告いただいたのと同様の現象を確認いたしました。 弊社にて更に調査をいたしましたところ、Linuxの印刷システムの一部である「ghostscript」というモジュールが動かなくなることが判明いたしました。

え。やってみてくれたんだー。感謝感激。でも、ghostscriptは直せませんとの事。
そりゃそうです。
そこで、私の手元でもgsコマンドを、実行してみると。。。確かにエラーになります。


 

Ghostscriptのエラーの解決方法

世の中には、親切な方もいるものです。以下のリンクに、解決方法を教えてくれている方がいました。
曰く、「ghostscriptが使っているicc profilesが原因だってわかったよ。」で、icc profileのdirectoryを消して、libgs9-commonを再インストールで修正可能。
実際のコマンドは以下です。
$ sudo rmdir /usr/share/ghostscript/9.25/iccprofiles/
$ sudo apt-get install –reinstall libgs9-common
これで
/usr/share/ghostscript/9.25/iccprofiles/
directory 以下のファイルが正しくインストールされました。

ブラザーのサポートはすごい!

BrotherのLinuxへのサポートはすごいですね。私は、半ばあきらめていましたが、私の環境の再現までしてくれて調査いただきました。その心意気があっぱれです。
でも、この不具合。Ubuntuのアップグレードした人は、ghostscriptが皆さん使えなくなっているはず。ghostscriptと言えば、プリンターの内部プロトコル PostscriptとかPDFとか、そんな基本的な機能を実現しているモジュールです。
古くは、20年以上前に私が大学院の研究室にいた頃(古い!)にも、Unixマシーンでこいつを使っていたことがあります。懐かしい。。。そんな古くて新しいモジュールがUbuntuのアップグレードでコケました。
ブラザーだけでなく、ghostscript+CUPSを使った印刷ができないということです(多分)。
上記のPrinter “Filter failed”のリンクでも、RichoやEPSONでも治った、という報告があります。みなさま困っているはず。
ブラザーのサポートセンターはとんだとばっちりと言えるのではないでしょうか。

あなたへのおすすめ

仕事では、メーカーで20年以上のソフトウエア開発。 古くはWindows向けのアプリケーション開発、組み込み機器のソフト開発、などを経て、近年は大規模ソフトのプロジェクト・リーディングを行う。 根っからのプログラミング好きで、週末は、JavascriptやPythonでWeb開発。興味の幅が広く、以前は、仕事の傍らオンラインでBond大学のMBAを取得。 ブログに書くのは、料理、スポーツ、テクノロジー、建築、不動産、音楽、など色々なジャンルの雑記。
投稿を作成しました 350

[対処法] Ubuntu 18.04.1へのアップグレードでプリンターが動かない” に 4 件のコメント

コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。